FC2ブログ

タイ菜漬け

タイ菜


タイ菜
私が新潟に来て、初めてお目にかかった野菜です。
チンゲン菜を大きくしたような、食感は野沢菜のような・・・
5~60センチにもなる大きな野菜です。

タイ菜漬け、と言いますが漬物として食べるのではありません。
塩をきつくして保存し、雪に降り込められ青物が無くなったころ
お湯で戻して塩出しし、野菜として食べます。
細かく刻み、ニンジン、シイタケ、コンニャク、その他諸々
一緒くたに煮て、「煮菜(にな)」として食べます。
流通機関が発達してなかった頃の、昔の人の知恵でしょうかね?

Comment

Post a comment

非公開コメント

大好き

煮菜なら、ほんにすきだてぇ、いっぺこと食べるが^^。
大きな鉢にてんこ盛りにして食べます。あったかなご飯にさめてしまった煮菜がまた美味しいの、少し歯ごたえを残して炊いてね、間違いです、煮てね~。
やはりこちらへ移り住んで○十年、煮菜にはお目にかかりません。
でもこちらも住めば都、染まりに染まって楽しいです。
めっちゃ、好きなんよ、ああ、食べたい。

御馳走したいわ!

ほんと、煮菜は郷土料理の第一級品ですよね!
やっぱ、これを食べるときは方言じゃないとね?
でも、他のブログ仲間は、煮菜って知らないんだろうな~。
全国に広めても恥ずかしくない美味しさですよね!

煮菜、はじめて聞きました。菜っ葉の煮たものは関西では(菜っ葉の炊いたん)って言うかな~改まるとわからないものです。
 それにしても茎なんかリアル。上手ね~
息子ちゃんが絵上手なので似たのね。。。あーサボテンさんに息子ちゃんが似たのだぁ~

新潟なのに(T_T)

頂いた記憶がないのです…(涙)
まだ祖父母が健在の頃は冬にも遊びに行きましたが(それでも神奈川と新潟なので何回もと言うわけにも行かず…)私を筆頭に孫が6名、それもみな歳が近くその頃は育ち盛りの小中高生(爆)行けば行ったで作ってくれるものといえばカレーとかになってしまいます(笑)
祖母が漬けたお新香は食べた記憶があるのですが、戻して野菜として頂くタイ菜はないような気がします
サボテンさんの絵を見るととっても美味しそうなので…食べてみたいです~☆

煮菜?初めて聞きました。タイ菜も初めてです。なんでも煮たものスキです。美味しそう!!食べてみたいです。

guuchanさんへ

一旦塩漬けにしてから、戻して使うというところがミソなんです。
今の若い人達は面倒がって、
小松菜などの青菜を煮て「煮菜」と言ってる人も居ますが、全然違うんです。
まるで「月とスッポン」、そう、私とguuchanほども違うんです。
やっぱり煮菜は、タイ菜の塩漬けじゃないと。

えっ? 上手な絵? 息子に似て?
アハハ~、私の図工の成績は、ほとんど2に近い3でしたよ。
夫はずっと5だったと言ってますが、
本人が言うばっかりで、私は見てませんので・・・

あーこさんへ

手間隙かかる割りには主菜になるわけじゃないので、きっとおばあちゃんも作らなかったのでしょう?
小さい子が遊びにきたら、私もやっぱりカレーにすると思いますよ。

minekoさんへ

絶対気に入ると思います。
御飯お代わりすること請け合いです。

『煮菜』美味しそう!手間がかかるけど、ちゃんとやってるサボテンさんはえらいです。
主人の郷は宮城の山の中!やっぱり、塩づけした、ふきや味噌づけしたものなどが並びました。
暖かごはんに煮菜。多分新潟では鮭があればご馳走です。

そうそう

鮭、そして酒があれば新潟ですね。
大晦日、年越しの御馳走には大きな鮭の塩焼きが必ず付いていましたね。
昼間ッからすすめるのですよ、お酒。そして皆強いの。
3度御辞退するのですが、4度目には根負けしたように(振りをして)、飲んでしまうのです。
父は関西に来て、お酒を薦められ、『いやーとんでもねぇですて』と断ったら、二度と薦められなくて、弱ってました。

雪を利用する

昔からの知恵に感心するばかり。
もしかしたら保存のつもりなんでしょうけど、一旦雪に埋めておくから美味しくなるのかも…。
そして塩を使う…。こういうことって一番最初に考えた人ってどんな人だろうと想像を膨らませます。
雪国美味しい冬、想像できませんがサボテンさんのページで疑似体験させていただきます。

タイ菜も煮菜も初めて聞きました
冬の栄養満点の野菜料理、昔の人の知恵には感心します
手間のかかる煮菜を作るサボテンさんは立派な主婦です


etegaminikkiさんへ

私、etegaminikkiさんのような「ハイカラ料理」は苦手だけど
こういう田舎料理は得意かも?
あったか御飯と煮菜があったら、なんにもいらないって感じ。

巡庭さんへ

アハハ・・・わかる、わかる!
やっぱり最初は遠慮するのが常識ですよね~。
でも最近は、そういう常識も通用しなくなってきてるようですよ?
時代ですかね~!
まぁ、私達年代の人は、ちゃ~んとわきまえてますけどね?

ところで私も夫も酒はだめなのよ。
たま~に、「越の寒梅」など頂いても、料理用に使ったりしてます!

Famaerさんへ

雪国・・・いい響きでしょう。
テレビとかで見てると、きれいでロマンチックでしょう?
でも、大変なことの方が多いかも?
特に私のように、途中から移り住んだ人は何かと大変です。
かわいい息子が、寒い冬を静岡で暮らせるのは、やっぱり良かったと思うほどです。

あーりんさんへ

やっぱりタイ菜は、新潟だけのものなのかもね?
昔は季節のものはその季節に、土地のものはその土地でしか手に入らないのが当たり前でしたが、今はいつ、どこででも食べられますね。
でも、タイ菜だけは外へ流出しなかったんですね?
こんな美味しいものなのに不思議です。
手間がかかるのと、やっぱり雪が必要なのかな?

「越の寒梅」が煮物になってる!

あのね、そういう時は、、、私めに着払いでお送り下さい。
料理酒をしこたま送ってさしあげますから。
ちなみに我が夫も奈良漬けすらだめなの。
わたしの友だちは飲んべえですから、私はいやいやながら、、、おつき合いしております^^。心配いりませんよー。

巡庭さんへ

いやいやながらのおつきあいは、なかなか大変でござりますね!
夫は、酒はどれでもみな一緒と申しております。

プロフィール

キミばあちゃん

Author:キミばあちゃん
楽しい事 嬉しい事を探して、呑気に暮らす日々を自由に書き綴ってます

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索