FC2ブログ

食べるのも お手伝い?

さくらんぼ②


年も又、さくらんぼ農家の友人からお誘いの電話
暇を持て余してる夫は イソイソと出かけます
人手が足りないんですよ
優しくもぎ取って 丁寧にパック詰めしなきゃなんないでしょう
背の高い夫は もぎ取りのお手伝いには適任?
もちろん 好き放題 自分のお口にも入れていいんですよ
帰りには お土産もドッサリだし
私達 もう食べ飽きちゃって・・・

でも ようやく収穫作業も終わりになって
先日は混み過ぎた枝を剪定したので 頂いてきました
大きなバケツに無造作に投げ入れてドカンと置いたら
なかなかの見ごたえ!
ちょっと 贅沢だな~って気もしますが?

食べ飽きたと言いながら
明日は バスツァーで 「サクランボ狩り」なの
お手伝いとは 又違った雰囲気を楽しめるでしょう?

Comment

Post a comment

非公開コメント

食べあきたなんて贅沢言ってるさぼてんさんがうらやましい。なのに又さくらんぼ狩りですか。
枝付きのさくらんぼかける人なんて滅多にいないよ。
とっても美味しそうに描いてますね。つまんでお口に入れちゃった。減っていない?

可愛らしいさくらんぼの絵手紙…好きです~!!
食べ飽きたって言ってみたいです~^^;
私まだ…今年はさくらんぼ食べてないです…(涙)
お手伝いされたご主人様…お疲れ様でした!!
大変な作業だと思います…
明日からのさくらんぼ狩りは旅行気分で楽しんで来て下さい~(*^^*)

さくらんぼ、こんな風に生ってるのね~。

サボテンさんが羨ましいわ、飽きるほど食べたなんて。
今年はスーパーで、安売り1パック買って食べました(~_~;)

さくらんぼ狩り、楽しんできてね~。

昨年の今頃

確か昨年の今頃、さくらんぼの絵をみたような~
ひっとっとび~。
やっぱりそうだ。昨年も行ったよ。二人で。
色鉛筆だよ。丁寧に塗られてる。今年は?
うんうん。やっぱり丁寧だよ。
サボテンさん宅の鳥になりたいわ。

 ちょっと、サボちゃん、
水仙にしろ、薔薇にしろ、そしてサクランボ。。。あ、蘭もだ!
すべてダンナさま経由じゃあないの?
彼はサボテン家の親善大使ね。そんなダンナ欲しいわ。

 誰かさん(ハイ、私です)のサクランボと違って新鮮で美味しそう~

可愛い黄トマトの絵手紙届きました ありがとう
言葉が無かったので 今どんな言葉にいようかと思案中
素敵な言葉 考えなくちゃね
サクランボ食べるお手伝い行ってきたんですね いいな~いいな~
もう 飽きちゃったなんていうほど食べて見たいです
また サクランボ狩り なんて贅沢なんでしょう 私は今年は2パックしか買ってないです 家族で分けたら1人5粒ほど・・・・
キュウリが沢山出来ました 我が家はキュウリが食べ放題だよ

欲しいなあ

おはよ~、枝つきなんて手に入らないね、いいなあ~。
赤は緑と共にあると余計綺麗にみえるからね、枝の色も桜!でいい色ね。
サボテンさん、欲をいっていい?今回は葉脈よ、途切れ途切れになると、勢いが減速されるかな、脈々とつながり栄養を運ぶ植物の血管だからね、つないであげるといいよ。
植物の葉脈って観察するときれいなの、どこにむかって、どう走るか、面白いよ。
葉脈は葉っぱの面に現れているから、葉っぱがどっち向いてるか、ひっくりかえっている様子なんかを表すのに手段としても使えるわ。
白い画用紙に桜の葉を描いて、葉脈をちゃんとかいて、その葉を切り取るの。
そしていろいろな方向に向けて、ひねったりして観察、葉脈の現れ方、表裏のひっくりかえる様子がわかるかもよ、朝から、長文失礼いたしました。
今日もこの暑さ!乗り切らなくちゃ!ちょいバテです。

minekoさんへ

いくら自由に食べていいと言われても、農家の仕事は大変です
高くても仕方ないな~という気はします
自分で買う時は もちろん安い方がいいですけどね

あーこさんへ

自分で買って食べようとすると、やっぱり高価ですよね

昨日のサクランボ狩りは最高でした
やっぱり本場 山形のサクランボは、新潟よりワンランク上って感じでしたよ
30分食べ放題だったんだけど、10分も経たないでもうお腹一杯
ちょっと悔しかったな!

danままさんへ

そう こんな風に生ってるんですよ
どうせ捨てるんだからと、枝を沢山もらってきたんです
ちょっと豪華でしたよ

etegaminikkiさんへ

そうですね、去年もやっぱり畑で食べ放題してました
農家の仕事は大変だけど、うらやましい部分も多いですよね?
でも、ボラティアで時々手伝うのは 気楽で楽しいかも?
nikkiさんも 畑していて楽しいでしょう?
生活かかってなければ楽しいよね?

guuchanさんへ

そう、夫はすご~く社交家なのよ
図々しいから 誰とでもすぐに友達になっちゃうの
その分、私が人嫌いだから ちょうどいいわ・・・

誰かさんのサクランボも充分美味しそうだったよ!
  (ということにしておきましょう  お互い誉め合わないと 誰も誉めてくれないもの)

那須のなおさんへ

あら、キューリの食べ放題もいいんじゃない?
もちろんお姑さんが作ったのよね?
うふふ・・・同居も時にはいいこともあるんじゃない???

トマトの絵ね・・・ヘタクソでごめんね!
なおさんの字で 魂を入れてください!

魔女メグさんへ

葉脈ねぇ・・・
だんだん要求(?)が高度になってくるわね!
細かいところを描こうとすると ボロが出るから適当にごまかして・・・
地道なお勉強は・・・大変な割りに効果がなかなか現れないものです
でも少しずつ頑張ろうかな・・・

可愛い

サクランボのお手伝い もぎ取りも大変な作業
傍で見るほど楽じゃない・・食べ放題とは言っても
そんなに食べられない腹も身のうち、お腹壊します

でも可愛いからつい口の中に入れてしまう
お腹ゴロゴロ・・歯は浮いてそんなに食べられません
サクランボ畑けから・・・

ところで何時も色鮮やかさを出して素適です
絵の具何をお使いですか!差し支えなかったら
教えてください。

サボちゃん言うの忘れていた!
枝の色がいいね~
私絵手紙するまで、(してからも)木って、茶色とばかり思ってたわ。
よく見ると全然違うのよね~
やっと最近、木の色に近い色がだせだしたのは。。。

幹の色

そうそう、guuchanの言うように、幹の色は花や実の色を宿すってこの頃思うわ。

和さんへ

かわいいから いくらでも食べられそうだけど、そうでもないのよ
さくらんぼって皮の部分が あまり消化よくないんだって
一度に50個以上食べるのはやめた方がいいって言われたわ

時々顔彩も使うけど ほとんど水彩絵の具を使ってます
小学生が使うような安いやつですよ
輪郭は 筆ペンを使うこともあるけど 私は鉛筆が一番好きです
これは スクールGペン (私達の間で なぜか流行ってるのよ)
私のは 正統派の絵手紙ではないので あんまり参考にはならないと思いますよ
誰にも習わず 自己流で勝手に描いてるのよ

guuchanさんへ

木の色って あんまり茶色って少ないと思わない?
見ないで 思い込みで描いてることって一杯あるかもね?
でも、まぁ それもありってことで・・・
いい加減やってると すぐにメグ先生に叱られそうですが・・・?

魔女メグさんへ

以前 メグちゃんは 大きな木の幹を描いたことがあったね
あれ 素敵だった
あんな風に描けたらメグ先生から卒業証書が頂けるのかしら?

 メグちゃんの(幹の色は花や実の色を宿す)の言葉にウットリよ~
以前からかもしれないけれど、メグちゃんのこの頃の言葉凄く含蓄があって、
深いのね。
サボちゃん感じない?

ふむふむさくらんぼはこういう風になっているのかぁ
今晩は、一度でいいから食べ飽きたというほどサクランボを食べたいものだと思っている
のよ、うらやましい限り
新潟に移住すればいいかしら

木の色の話、勉強になりました

さぼちゃん、正統派の絵てがみなんか無いのよ。
私が正統派なんて言う人は、まがい物よ。
言ってみればみんなが正統派、今日を生き抜く正統派よ、ああ、暗いと魔女も変なこと考え付くわ!

guuchanさんへ

「メグ語録」を作りたいね?
メグちゃんの言葉には 自信を持ったり、???そんなこと無理だよ~と思ったり・・・
でも、いつかきっと役に立つと思うことばかりだよね
いつかって・・・う~ん、もうちょっと上手になった頃?

あーりんさんへ

秋には ぶどう狩りのお手伝いもあるわよ
でも お手伝いは気楽だけど、農家の人は大変よ
家庭菜園を楽しむ程度が一番だわね?

魔女メグさんへ

えぇ~?
絵手紙教室で教えてる描き方が正統派なんじゃないの?
メグちゃんのも 正統派からは程遠いと思うのですが・・・

でもメグちゃんが認めてくれたんだから 私も堂々としていtいいのかな?

今きづいたけど、サボちゃん 私のことguuchannさんって言ってるんだ!
自分のこと(guuちゃん)といってる私が可笑しいのだけど、
私はguuです。それにchanをつけてるんだから、(さん)はいりません(笑)
 まぁ、どうでもいいことだけど、(ちゃん)に(さん)をつけてもらうほど、、、コホン、コホン

guuchanさんへ

guuchanは これでひとつの名前だから guuchanさんなんだよ?
お山ばあちゃんさんもそうだと思わない?

ところで 時代劇なんかで 「おくみちゃん」 とか 「おきみちゃん」 とか言うでしょう?
あれも変なんだって
「お」が すでに敬称なんだって
だから 「おくみちゃん」は くみちゃんさん て言ってることなんだってよ
だからguuchanさんは おかしくないの・・・なんか変な理屈

プロフィール

キミばあちゃん

Author:キミばあちゃん
楽しい事 嬉しい事を探して、呑気に暮らす日々を自由に書き綴ってます

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索