FC2ブログ

思い出があるって 幸せ

アケビ


ご近所のSさん宅
今年も 垣根にからまったツタに アケビが沢山生りました
通りかかったら 両手に一杯 もいでくれました
嬉しいですねえ

お母さん 描きながら 子供の頃を思い出しました
子供の頃は これが とっても嬉しいオヤツだったのです
もちろん 垣根に這わせている オシャレなお宅なんてありませんよ
山から取ってくるのです
山のアケビは そう簡単に取れるところには生ってないので
お母さんは 自分で取ったことはありません
父親が 田んぼ仕事の合間に 取ってきてくれるのです
農作業は 全部手仕事の時代
猫の手も借りたい程の忙しさの中
春の山イチゴと 秋のアケビは 父が必ずとってきてくれたのです
当時は何も感じなかったけれど
お母さんは今 春と秋には必ず 山イチゴとアケビと一緒に父親を思い出すのです

そして思うのです
お母さんの二人の息子は 懐かしい母親の思いでというものがあるのだろうか
春には必ず何をしてくれたとか
誕生日には毎年何を作ってくれたとか
お母さんは 子供に対して そういう特別心に残るようなこと なんにもしてこなかったなあって淋しく後悔しているのです
サボテン家は 決して特別に貧しい家庭ではないのに
とても心の貧しい生活してきたんじゃなかろうか

アケビを見ながら 父親を思い出し そんな事を考えているお母さんです

子供の頃あんなに美味しかったアケビも
今食べると ちっとも美味しくありませんねえ
これは 見て楽しむものになってしまったようですよ
長男クンなんて
なにこれ イモムシみたい だって

Comment

Post a comment

非公開コメント

No title

昔、アケビは実家の辺では見かけなかったねぇ。
あまり食べたことないですね。
山イチゴは、隣のお姉ちゃん達とアルミの弁当箱を
持って採りに行ったものです。
美味しかったよねぇ。
雪が降ると、竹筒に雪を詰めて少し砂糖を入れて
押し出すのです。
箸をさしてアイスキャンデーの出来あがり(笑)

幼かった時の思い出は、父がせんべいを焼いてくれていたことですね。
小麦粉だったのかな、せんべい焼器があって、粉を入れて、パタンと閉じて、ひちりんの上で焼くのです。
結構大きくて15㎝位あったかな、線の入った薄いせんべいが香ばしく焼き上がります。
何時間もかけて、たくさん焼いてまるい缶かんに詰めていくのです。
側でせんべいをかじりながら、見てましたねぇ。
「今日はせんべい焼くぞ」と父が言ったら嬉しくて飛び跳ねていましたねぇ。
これが1番の高級なおやつでしたね。
あー懐かしいなぁ!
昔は色々なものを工夫して食べたですけどねぇ。
ソラマメを煎って食べてたしねぇ。

今は何でも物が豊富にあるので、我慢するということがないですねぇ。
昔の方がよき時代だったかもしれませんね。


No title

  私の子供のころは、深鍋の真ん中に煙突のような空洞があいてるパン焼き器(そのころ そういっていました。
ここにメリケン粉(って云わなくなりましたね)と砂糖、卵、水を入れて蒸し焼きにして蒸しパンを父が作ってくれていました。
 それに たこ焼き器に今のようにタコや紅ショウガなど入れずに、今でいうホlットケーキミックスのようなネタをいれて焼き
何故かそれを(ラジオ焼き)って言ってました。
 あの頃美味しかったものでも、
知らず知らずのうちに舌が贅沢になり、今食べても美味しいと感じなくなってるのでしょうね。

お山ちゃんへ

昔は なんでも作らないと 食べられませんでしたね
作ってる姿を見てるだけで ワクワクしました
貧しかったけど 周りもみんな貧しいので 特別大変だとも感じなかったしね
今は なんでも買えるから 物を作る姿なんて 子供に見せる機会がありませんね
今は便利だけれど 温かみはないかもしれませんね?

guuchanへ

うちでは 春に必ず ふかしまんじゅうを作りました
田植えが終わった後の 御馳走です
皮が厚くて たいして美味しくもなかったのでしょうけれど 当時は ほんとうに美味しくて 隣近所にも配ったり 配られたり 
煩わしい面も多いけれど 近所のつながりは 欠かせませんでしたね
今はもう あんな生活はしたくないけれど 最近 何かにつけ 思いだします
思い出は なんでも 美しくなってますからね

No title

こんにちは(*^_^*)
そうそう子供の頃って秋が楽しみでしたよね
栗が落ちるのを楽しみにしていたり キノコ狩りに行ったり 秘密の場所があってアケビがなると取りに行ったわ
まだ熟してないからあと1週間たったら取りに来ようと思ってわくわくしてたわ
何にもない時代だから季節の収穫が楽しかったのかも
なつかしい~
今スーパーで買って食べたけどあの時ほど美味しいと思わなかったな~

かぶちゃんへ

昔は 都会でも結構自然が残ってましたよね
同じ年代の人は 住むところが離れていても 同じような体験を持ってますね
かぶちゃんとは かなり歳が離れてるけれど やっぱり似たような子供時代を過ごしてるんですね
ちょっと意外ですよ?

プロフィール

キミばあちゃん

Author:キミばあちゃん
楽しい事 嬉しい事を探して、呑気に暮らす日々を自由に書き綴ってます

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索